社会福祉法人 恩賜財団 済生会有田病院

外科(消化器)

はじめに

 私たちスタッフ一同は、常に安全で質の高い医療を提供し、広く地域住民の方々に信頼される外科を目指しています。
済生会有田病院外科は、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設(https://www.jsgs.or.jp/modules/shisetsu/)、日本大腸肛門病学会認定施設に認定されています。また、和歌山県立医科大学第2外科の関連病院でもあり、外科スタッフは、日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本大腸肛門病学会、日本超音波医学会の専門医・指導医からなるチームです。有田地域においても、常に時代にあった最新の医療サービスを提供すべく、各種消化器疾患を中心に診療ガイドラインに基づいた標準外科治療を行っています。

診療内容

 主に食道・胃・小腸・大腸のような消化管と肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・脾臓などを含めた消化器疾患のほか、気胸・ヘルニア・痔核などの手術を行っています。例えば胃癌や大腸癌の場合、早期の小さな病変に対する内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切除術;EMR,や内視鏡的粘膜下層剥離術;ESD)から、体に負担の少ない腹腔鏡下手術や開腹標準手術まで病変の大きさや体の状況に応じた手術を行うほか、外来通院での抗がん剤治療も施行しています。また、高齢の方に多い胆嚢結石や胆管結石においては、腹腔鏡下胆嚢摘出術や内視鏡的乳頭切開術(EST)、胆管ステント留置(ERBD)などの低襲侵治療を積極的に施行しています。疣(いぼ)痔(内痔核)に対するジオン注射療法(ALTA)も開始しました。
術前・術後の治療の効率と安全性を確保するために、各種手術のクリニカルパス(データに基づいた統一した治療方法)を推進し、さらに院内多職種チームであるNutrition Support Team(NST)による栄養支援(日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設、実地修練教育施設)も行い、個々の患者さんに対するきめ細かい管理を行っています。 さらに、私たちは病気に対する根治を目指すだけでなく、退院後さらには10年、20年と長きに亘り快適な生活を送って頂けることを目指しています。

現診療体制

 済生会有田病院消化器病センター・外科は2020年4月からはスタッフ4名で診療を行っています。 さて、済生会有田病院消化器病センター・外科は2020年1月から日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設として指定を受けました。今後もさらに、消化器外科低侵襲治療(腹腔鏡下外科手術、消化器内視鏡治療)を基軸に、有田地域の皆様に安心してわが国の標準治療を受けて頂ける様一層精励致します。

外来担当医師一覧表


院長
消化器病センター長
瀧藤 克也

外科部長
岡 正巳

消化器外科部長
寺澤 宏

医員
村上 大輔

 
1診
瀧藤
9:00-17:00
村上
交替制
寺澤
交替制
2診
(消化器科)
寺澤

瀧藤

村上

外科スタッフ

瀧藤 克也

補職名
院長
消化器病センター長
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定(消化器・一般外科)
臨床研修指導医
日本医師会産業医
日本臨床栄養代謝学会認定医
日本がん治療認定医 
専門分野
内視鏡治療、腹腔鏡外科、消化器がんの低侵襲治療を専門にしています。 

岡 正巳

補職名
外科部長
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
近畿外科学会評議員
臨床研修指導医
身体障害者指定医
専門分野
消化器外科、内視鏡外科、腹部救急疾患

寺澤 宏

補職名
消化器外科部長
取得資格
医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
専門分野
化器外科・内視鏡外科

村上 大輔

補職名
医員
取得資格
 
専門分野
 
本館3階外科病棟スタッフ


中材・手術室スタッフ

手術件数

済生会有田病院消化器病センター・外科診療実績
(2017年1月~2017年12月:総手術件数 242例)

外科業績


論文発表
1  瀧藤克也:特集 消化器外科手術きほんの器械出しはじめの極め術 6.リンパ節郭清.OPE nursing 31(8):782-787, 2016.
2  北谷純也、佐原稚基、寺澤 宏、岡 正巳、瀧藤克也:会陰部局所陰圧閉鎖療法が有用であった直腸癌術後骨盤死腔炎の1例.日本臨床外科学会雑誌78(10):2359-2363,2017.
3  瀧藤克也:誌内雑誌 消化器内視鏡・カテーテル治療ナーシング.これで介助もこわくない!ポリペクトミー・EMR・ESD処置具の操作法 虎の巻.消化器外科nursing 22(8):729-736,2017.
4  佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、藤田洋一、北谷純也、瀧藤克也:腹壁瘢痕ヘルニアを契機に診断され修復術後に改善した特発性気腫症の1例.臨床外科73(5):627-631,2018.
5  北谷純也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、瀧藤克也:腹腔鏡補助下小腸切除術を施行し確定診断に至った小腸アニサキス症の1例.和歌山医学69(2):98-100,2018.
6  佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、藤田洋一、北谷純也、原 倫子、木村宴子、林 郁絵、瀧藤克也:長期の栄養治療が奏功した直腸癌術後の遅発性乳麋腹水の1例.日本静脈経腸栄養学会雑誌33(3):896-899,2018.
7  北谷純也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、藤田洋一、瀧藤克也:腎細胞癌術後9年目に胆囊転移をきたした1例.手術72(9):1413-1417,2018.
8  瀧藤克也:みるみるわかるマジカル図解、2章9.がん以外の疾患④胆石・胆嚢炎.消化器外科nursing 23(4):322-323,2018.
9  瀧藤克也:みるみるわかるマジカル図解、2章10.がん以外の疾患⑤膵炎.消化器外科nursing 23(4):324-325,2018.
10  瀧藤克也:大腸がんの最新の治療.和歌山県医師会医学雑誌47:20-22,2018.
11  瀧藤克也:脂肪乳剤の種類と現状.日本静脈経腸栄養学会雑誌33(2):726-730,2018
12  瀧藤克也:第1章|みてみよう消化器の解剖とはたらき5.胆道の解剖とはたらき.消化器ナーシング 春期増刊(310):27-31,2019.
13  塔筋恵実、山本有紀、稲葉 豊、西口麻奈、国本佳代、瀧藤克也、藤本正数、村田晋一、松立吉弘、神人正寿:Basosquamous cell carcinomaの多発転移をきたしたGorlin症候群の1例.臨床皮膚科74(2):171-176,2020.

講演・学会発表
1.  瀧藤克也:消化管腫瘍に対する低侵襲治療.有田医師会学術講演会 2016.5 和歌山
2.  瀧藤克也:消化器がんに立ち向かうー早く見つけて優しく治すー.有田南ロータリークラブ 2016.9 和歌山
3.  瀧藤克也:ESDの限界に挑戦—ESDを安全に行うためにー.タケキャブ社内招聘勉強会 2016.10 和歌山
4.  瀧藤克也:ESDを克服するー消化器外科医1,500例の経験から.消化器疾患地域連携勉強会 2016.10 和歌山.
5.  瀧藤克也:健康に生きていくためにー身近な病気、胃がんについて.済生会有田病院 第14回健康まつり 2016.10 和歌山
6.  瀧藤克也:ESDの限界に挑戦—進化するESDー.第15回ORANGE消化器勉強会 2016.11 和歌山
7.  瀧藤克也:健康に生きていくためにー検診の大切さと増加する消化器がんについて.有田地方女性会議講演会 2017.1 和歌山
8.  瀧藤克也:消化器癌の早期発見、早期治療.湯浅管内保健師研修会 2017.5 和歌山.
9.  瀧藤克也:周術期の栄養管理について.第20回和歌山消化器外科診療ネットワーク懇話会 2017.10 和歌山
10.  瀧藤克也:大腸がんの最新の治療.日医生涯教育講座 2017.11 和歌山
11.  瀧藤克也:大腸癌の最新の治療.大鵬薬品社内勉強会 2018.3 和歌山
12.  瀧藤克也:これからの在宅栄養管理〜経腸栄養剤を使いこなす〜.和歌山市在宅栄養研究会 2018.7 和歌山
13.  瀧藤克也:経腸栄養法―製剤の特徴と注意点―.和歌山県病院薬剤師会研修会 2019.9 和歌山
14.  瀧藤克也:パネル討論「ワイドショー的栄養講座〜栄養に関する様々な話題や時事問題を考える〜<栄養管理から診療報酬まで話題のトピックスを解説>.第8回南大阪・紀北NST研究会2017.3 大阪.
15.  瀧藤克也:パネル討論Ⅱ「ワイドショー的栄養講座Ⅱ〜栄養に関する様々な話題や時事問題を考える〜<栄養管理から診療報酬まで話題のトピックスを解説>.第9回南大阪・紀北NST研究会2018.3 大阪.
16.  瀧藤克也:パネルディスカッション「胃瘻と栄養管理の適応~これではダメなんじゃないですか?~」.第24回関西PEG・栄養とリハビリ研究会2018.6 大阪.
17.  瀧藤克也:パネル討論Ⅲ「ワイドショー的栄養講座Ⅱ〜栄養に関する様々な話題や時事問題を考える〜<栄養管理に関する加算、地域医療、診療報酬など>.第10回南大阪・紀北NST研究会2019.3 大阪.
18.  佐原稚基,岡 正巳,寺澤 宏,原 倫子,木村宴子,前川孝子,杉山智子,林 宗哉,片山 彩,有本泰基,瀧川咲味,三谷剛洋,宮本 明,大向伸正,谷 麻希子,瀧藤克也:「パネル討論」がんと経腸栄養-済生会有田病院の現状-.第24回和歌山栄養療法研究会,2019.9,和歌山
19.  瀧藤克也、岡 正巳、佐原稚基、寺澤 宏、堂西宏紀、玉置卓也、合田太郎:総会特別企画02-2-3外科医が地域医療において活躍するためには.第81回日本臨床外科学会総会2019.11 高知.
20.  瀧藤克也:「健康に生きていくためにー身近な病気胃がんについて」済生会有田病院第14回健康まつりin鮎茶屋 2016.10 和歌山
21.  瀧藤克也:増え続ける大腸がん死亡率ゼロを目指して 日頃から心がけること.済生会有田病院創立70周年記念市民フォーラム 2017.11 和歌山
22.  瀧藤克也、佐原稚基、藤田洋一、北谷純也:症例検討4:カンピロバクター腸炎の内視鏡像およびCT所見.第44回和歌山消化器・内視鏡勉強会 2016.11 和歌山.
23.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、北谷純也、藤田洋一:直腸癌に対する腹腔鏡下ISR後の回腸人工肛門閉鎖に伴うDiversion Colitis.第63回和歌山消化器外科談話会 2017.4 和歌山.
24.  北谷 純也, 佐原 稚基, 寺澤 宏, 岡 正巳, 瀧藤 克也:術前CRTを施行した腹腔鏡下直腸切断術後の骨盤死腔炎に対する会陰部局所陰圧閉鎖療法の有用性.第16回和歌山肛門疾患懇話会2017.5 和歌山
25.  佐原稚基,原 倫子,木村宴子,林 郁絵,勝丸千幸,瀧川咲美,大向伸正,三谷剛洋,硲 裕子,杉山智子,谷口明子,梅本和美,榊ひかり,橋本宗都,北谷純也,寺澤 宏,岡 正巳,瀧藤克也:直腸癌術後の難治性乳糜腹水に対して在宅栄養管理でコントロールを行った1例.第22回和歌山栄養療法研究会,2017.9,和歌山
26.  北谷 純也、佐原 稚基、寺澤 宏、岡 正巳、瀧藤 克也:腎細胞癌術後9年目に孤発性胆嚢転移を来した1例.第79回日本臨床外科学会総会 2017.11東京
27.  北谷 純也、佐原 稚基、寺澤 宏、岡 正巳、瀧藤 克也:腹腔鏡補助下小腸切除術を施行し確定診断に至った小腸アニサキス症の1例.第30回日本内視鏡外科学会総会 2017.12 京都
28.  北谷 純也、佐原 稚基、寺澤 宏、岡 正巳、瀧藤 克也:オキザリプラチン+S-1療法後にconversion surgeryを施行したステージIV胃癌の2例.第90回日本胃癌学会総会 2018.3 横浜
29.  岡 正巳、佐原稚基、寺澤 宏、北谷純也、瀧藤克也:クローン病に合併した肛門扁平上皮癌に対して腹腔鏡下直腸切断術を行った1症例.第17回和歌山肛門疾患懇話会2018. 5, 和歌山
30.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、北谷純也、尾島敏康、山上裕機:胃腫瘍ESD摘出標本に含まれる病理検査で新たに見つかった第2病変の検討.第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018.5 東京.
31.  北谷 純也, 佐原 稚基, 岡 正巳, 寺澤 宏, 瀧藤 克也:食道裂孔ヘルニアの術後再発に対し腹腔鏡下に再手術を施行した1例.第72回日本食道学会学術集会 2018.6 宇都宮
32.  瀧藤克也:大腸腫瘍に対する内視鏡治療~このポリープに内視鏡治療をすべきか~.第18回ORANGE消化器勉強会 2018.6 和歌山.
33.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、原 倫子:内視鏡的粘膜下層剥離術で切除し得た手つなぎ型腺管胃癌の1例.日本消化器内視鏡学会近畿支部 第101回支部例会2018.11 大阪.
34.  瀧藤克也、寺澤 宏、岡 正巳、佐原稚基:腹腔鏡下ヘルニア修復術後の同側膀胱ヘルニアに対する腹腔鏡下再手術.第80回日本臨床外科学会総会2018.11 東京.
35.  瀧藤克也:大腸腫瘍に対する低侵襲治療.第9回済生会一般外科・消化器外科研究会学術講演会2018.11 東京.
36.  寺澤 宏、佐原雅基、岡 正巳、瀧藤克也:腹腔鏡下に修復した腰ヘルニアの1例.第66回和歌山消化器外科談話会(第6回日本臨床外科学会和歌山県支部会)2018.11.17. 和歌山
37.  寺澤 宏、佐原雅基、岡 正巳、瀧藤克也:腹腔鏡下に修復した上腰ヘルニアの1例.第31回日本内視鏡外科学会総会. 2018.12. 福岡
38.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏、北谷純也:直腸癌局所再発例に対する腹腔鏡下残存直腸子宮膣合併切除術.第31回日本内視鏡外科学会総会2018.12 福岡.
39.  岡 正巳、佐原稚基、寺澤 宏、瀧藤克也:クローン病に合併した肛門扁平上皮癌の1例.第31回日本内視鏡外科学会総会 2018.12.福岡
40.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏:直腸癌に対する腹腔鏡下ISR後の回腸人工肛門閉鎖に伴うDiversion Colitis.第35回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会2019.2 大阪.
41.  岡 正巳、佐原稚基、寺澤 宏、瀧藤克也:骨盤直腸窩膿瘍(隅越分類Ⅳ型)の1例.第18回和歌山肛門疾患懇話会 2019. 5, 和歌山
42.  瀧藤克也、寺澤 宏、岡 正巳、佐原稚基:小腸リンパ腫がヘルニア内容であった半月状線ヘルニアの1例.第68回和歌山消化器外科談話会 2019.10 和歌山.
43.  瀧藤克也、佐原稚基、岡 正巳、寺澤 宏:クローン病再手術例に対する腹腔鏡下大腸(亜)全摘術.第32回日本内視鏡外科学会総会2019.12 横浜.
44.  岡 正巳、佐原稚基、寺澤 宏、瀧藤克也:腸重積で発症した低異型度虫垂粘液性腫瘍の1例.第32回日本内視鏡外科学会総会 2019.12.横浜